木 久 楽 長い年月、風雪に耐えた大木の一枚板や無垢板を使ったダイニングテ-ブル 座卓、テレビボードや手作りオーダーメイド家具を製作している広島のきくらです。創業58年、3代にわたって家具作りに携わってきました。心を奪われる木との出合いがありますように・・・
広島のオーダーメイド家具
よくあるご質問
(メンテナンス方法など)

 
思わず触ってみたくなる一枚板の魅力!
 一枚板の、圧倒的な存在感を大切にしています。樹齢100年から200年の大木の一枚板は、将来、削り直しをされても全く問題はありません。木が育ってきた時間、或いはそれ以上、親子2代、3代にわたってお楽しみいただけます。木の家具は生きていますので、納品後のフォローを大切にしています。作り手の責任が、きくらの命だと考えています。

 製作現場をご覧いただけます!
きくらは、材料の仕入れから製作、販売まで全てを行っていますので、一枚板の鉋削りの現場もお気軽にご覧いただけます。

トチ杢一枚板テーブル
   
 納品事例

栃(トチ)一枚板のダイニングテーブル 


店内のようす
削ろう会全国大会で審査員特別賞を受賞

削ろう会全国大会にて5ミクロン
を出し「審査員特別賞」を受賞

きくらのこだわり! 
主として使っているのは広葉樹ですが、人にもそれぞれ個性があるように、木にも 種類によって、育った環境によって一本一本違いや良さがあり、その個性を活かして家具にしていきたいと考えています。宝石の原石を磨くように、自然が作り出したそれぞれの木がもつ力強さ、美しさを丁寧な鉋削りや木工技術で最大限に引き出すのが木久楽の仕事です

仕上げについてはこだわりがあり、手がんなで木目を浮き立たせますので、仕上がりの美しさと手触りの滑らかさが違います。また、無公害の植物性オイルを使っていますので、漆やウレタン塗装に比べて長期間にわたるメンテナンスが容易で、木の感触が味わえ、安心してお使いいただけます。

木に色はつけません!あくまでその木のもつ素材の色を活かしてクリア仕上げにしています。人工的に色をつけるのはもったいない!お部屋の中で色は違っても全体にナチュラルな統一感が出てホッとする空間になるはずです。

   < きくら通信 >  
水目桜一枚板のダイニングテーブル 水目桜一枚板のダイニングテーブル
 「広島市南区のI様に水目桜一枚板のダイニングテーブルを納品!」

シティータワー広島の43階からの眺望は素晴らしかったです。この一枚板は湾曲した形と、それに伴った縮み杢が
見事に表れていて木の生命力と美しさを併せ持った魅力的なテーブルになりました。
それにしてもこんな高層階に行くとは思っていなかったでしょうね!!

栗一枚板の座卓

「広島市中区のO様に栗一枚板の座卓、納品!」


中国新聞のフェニックスのお店紹介コーナーに掲載されているのをごらんになってのご来店でした。

仏間に置かれる小ぶりの座卓ということで、栗一枚板の手頃なサイズをお勧めしました。木口側は、普通は切り口のまま直線なのですが、耳付の感じにしてほしいというご希望でしたのでそのように加工しました。

脚は栗の4本脚です。


ブラックウォールナット一枚板のダイニングテーブル 「広島市中区のS様にブラックウォールナット一枚板のダイニングテーブル、センターテーブル納品!」

以前、ご両親、ご兄弟のご自宅にそれぞれ栃と栗のダイニングテーブルを納品させていただき、S様には、マンションのインテリアにマッチするブラックウォールナットをご注文いただきました。

一枚板は2m30cmくらいありましたので、175cmのダイニングテーブルを取った後、残りの部分でセンターテーブルをお作りしました。




「廿日市市のK様に栃一枚板のダイニングテーブル、チェリー一枚板のセンターテーブルを納品!」


3代目が小学生の頃、全国大会にも行った事があるドッジボールチームに所属していたのですが、その時の1年先輩のK様が自宅を新築されダイニングテーブルとセンターテーブルをオーダーしてくださいました。
ダイニングテーブルの大きさはは170cm×85cm、センターテーブルは1m×55cm。

イスは、北海道の山上木工さんの「TACナラ」です。

栃一枚板のダイニングテーブル&チェリーのセンターテーブ 

ホワイトアッシュ一枚板のダイニングテーブル

「広島市安佐北区のM様にホワイトアッシュ一枚板のダイニングテーブル納品!」


ダイニングルームの床材がホワイトアッシュで、テーブルも同じ材で作りたいとご来店いただき、ご注文をいただきました。
イス6脚が入る220cm×90cmのビッグサイズ!

ホワイトアッシュの白系の色合いは、爽やかなインテリア空間を演出するには最適な木材だと改めて思いました。

ブラックウォールナット一枚板のダイニングテーブル 「岩国市のM様に、ブラックウォールナット一枚板のダイニングテーブルを納品!」 

去年の7月にご来店いただき、新築のご自宅が完成するのに合わせて納品させていただきました。

ダークブラウンの床や建具などのインテリアにマッチしつつ、圧倒的な存在感を漂わせる大テーブルです。

ブラックウォールナットは、アメリカ東部から中部にかけて連なるアパラチアン山脈一帯に自生しています。厳しい寒さの中、時間をかけてゆっくり成長するため、硬く、粘りがあり、加工後の狂いも少ないので、家具材としては最高ランクの評価を得ています。

栃一枚板のダイニングテーブル 「広島市南区のK様に、栃一枚板のダイニングーテーブルを納品!」

「キラキラして、きれいですねえ!」

テーブルをご覧になってのK様の第一声です。

「栃の絹肌」と言われるように、散光材ならではの光沢が栃の持ち味です。その特徴を存分に味わうことのできる一枚板でした。

きくらの店舗に荒材の状態で展示していたのですが、第一印象で決めていただきました。

天板のサイズは、190cm×88cm、厚みは6cmになりました。

 
クラロウォールナット一枚板のダイニングテーブル クラロウォールナット一枚板のダイニングテーブル
 「広島市中区のH様に、クラロウォールナット一枚板のダイニングーテーブルを納品!」

ご近所の30年来のお友達のA様が2年前に、きくらでブラックウォールナット一枚板のダイニングテーブルをご注文になり、A様のご紹介でご来店いただきました。第一印象で、このクラロウォールナットを気に入っていただき、長さを190cmにカットして納品となりました。クラロウォールナットは、アメリカ西海岸のカリフォルニア一帯が産地で別名カリフォルニアウォールナットとも呼ばれています。ドラマチックに複雑に絡み合う木目、力強い生命力に魅了されます。
H様は「このテーブルに合うようインテリアをリフォームしたくなっています!」と楽しそうに話され、ここまで惚れ込んでいただけたら、このテーブルも本当に幸せです!


ケヤキ一枚板のセンターテーブル 「廿日市市のK様に、ケヤキ一枚板のセンターテーブルを納品!」

ソファーの前で使われるセンターテーブルを珠杢(たまもく)が美しいケヤキ一枚板でお作りしました。

小ぶりのテーブルですが、ダイナミックで流れるような曲線や複雑な杢には、銘木ならではの生命力と躍動感がみなぎっています。

大きさは、110cm×60cm、ハの字脚で、高さは37cmのご希望でした。



栓一枚板のダイニングテーブル 「広島市中区のK様に栓(セン)一枚板のダイニングテーブルを納品!」

平和公園の傍に建つ新築のマンションに引っ越されたK様のお宅にセン一枚板のダイニングテーブルを納品してきました。

木目が通った繊細な美しさが落ち着いた気品を感じさせてくれます。

脚は木目が似ているホワイトアッシュの一枚板でハの字脚を作りました。

栓は、ウコギ科の落葉高木で高さは25mにもなります。肌目が美しく、面白い杢を表すものもあります。特に北海道には多く生育し、良材がとれましたが、最近はなかなか市場ではお目にかかれません。



 「熊本市中央区のT様に栃一枚板のダイニングテーブルを納品!」
栃一枚板のダイニングテーブル 3代目が鉋削りのようすをYouTubeにアップしているのですが、それをご覧になって、わざわざ熊本から車を運転してご来店になり、杢の入った栃一枚板のダイニングテーブルをご注文いただき、納品してきました!

今までもホームページをご覧になって、はるばる京都府福知山や東京都からご来店いただいたことがありましたが、YouTubeの鉋削りに感心してというのは初めてのことで驚きました。重厚なハの字脚も気に入って頂いたようです。

前日に熊本城の近くのホテルに泊まり、翌日の午前10時に納品に伺いました。マンションの最上階から熊本市街が一望できる最高のロケーションを堪能させていただき本当にありがとうございました。


広島市から福岡市へ転勤になったS様より木口側に小さい割れが入っているというご連絡をいただいていたので、熊本へ納品に行った後、メンテナンスに伺いました。

この一枚板はボセ(アフリカンチェリー)という木ですが、杢の入った赤味のとても美しい一枚板です。

オイルメンテナンスも含めて1時間弱で作業を終えました。お土産に有名な、茅乃舎のお出しをいただき、ありがとうございました。


「広島市安佐南区のK様に栃一枚板のセンターテーブルを納品!」

8年前に栃一枚板のダイニングテーブルをお作りしたK様からセンターテーブルとスツールのご注文をいただき納品してきました。
いずれも栃の一枚板でお作りしています。杢の出た栃特有の絹肌が美しいセンターテーブルです。

このセンターテーブルは天板と板脚(炬燵仕様)は固定せず、冬はこたつ布団を天板の下にかけてホットカーペットでこたつのようにお使いになるようです。

ご自宅が完成したばかりの8年前に納品したダイニングテーブルも使い込まれて味わい深い表情になっていて嬉しかったです。
栃一枚板のダイニングテーブル


栃一枚板のダイニングテーブル、ベンチ
「廿日市市のW様に栃一枚板のダイニングテーブル、ベンチを納品!」

きくらの前を通って仕事に出かけていらっしゃるご主人様が、「家を建てたら、きくらで一枚板のテーブルを注文しよう!」と、決めていらっしゃったようでご来店のその日にご予約をいただきました。本当にありがたいことです!

天板のサイズは、210cm×80cm、厚みは5cm。テーブルトップまでの高さは少し低めの67.5cmでお作りしました。

テーブルの高さに合わせて、ベンチも通常より低めの高さでお作りしました。

栃一枚板の座卓 「広島市南区のK様宅に栃一枚板の座卓を納品!」

一枚板の座卓をお探しになっていて家具屋さんにあったものをお買い求めになる予定だったのですが、広島にも一枚板の専門店があるのではと、ネットでお調べになってご来店いただきました。

面白い形の栃がご希望で、残念ながら展示品にはお気に召したものがなく、栃の荒材からお作りしました。

中央の赤味がアクセントの野性味あふれる力強い栃のテーブルはモダンなインテリアとも調和して自然の息吹をお部屋の中でも感じさせてくれます。



ブラックウォールナット一枚板のセンターテーブル
「広島市南区のO様宅にブラックウォールナット一枚板のセンターテーブルを納品!」

以前お使いのセンターテーブルが小さくなったので買い替えのご注文で、サイズは110cm×50cm、高さは45cmでお作りしました。

お部屋の雰囲気にもマッチして落ち着いた色合いと美しい木目がゆったりとした穏やかな時間を紡いでくれます。

O様は主人とも年代が近く、ご来店の度に話が弾み、リタイア後の人生を楽しんでいらっしゃるO様を見習わないといけんとしきりに感心した様子でした。お土産にいただいたわらび餅とても美味しかったです!ありがとうございました!

栃一枚板の座卓 「廿日市市のY様宅に栃一枚板の座卓を納品!」

きくらから歩いても10分くらいのY様宅へトチ一枚板の座卓を納品しました。

Y様はご親戚に一枚板のテーブルをお使いの方があり、以前から欲しいなあと思っていらっしゃったのですが、家具屋さんに行っても品揃えが少なく、きくらが一枚板の専門店なので決めていただいたようです。

サイズは、184cm×79cm。脚はハの字脚です。
さざ波のような栃独特の杢も現れ、「部屋の雰囲気がかわりました!」と喜んでいただきありがとうございます。

「ケヤキ一枚板のダイニングテーブルを納品!」


清々しい秋空の下、広島市安芸区のK様宅へケヤキ一枚板のダイニングテーブルを納品してきました。

K様は、家を建てたら一枚板のダイニングテーブルをと、考えていらっしゃったようで、きくらのホームページに掲載していたケヤキ一枚板の納品事例をご覧になり、ご来店いただきました。

たまたまホームページの一枚板と同じ丸太から取った一枚板があり、奥様の後押しもあって、ご予約を承りました。

お部屋のフローリングや別に選ばれていた椅子とも、調和のとれた落ち着いた温かい雰囲気のダイニングになったと思います。
ケヤキ一枚板のダイニングテーブルを納品

水目桜一枚板のダイニングテーブル 「水目桜一枚板のダイニングテーブルを納品!」

はるばるご来店いただきご注文を承りました、島根県邑智郡のT様宅へ納品してきました。

赤味を挟んで、左右に見事な杢の出ている貴重な水目桜一枚板のダイニングテーブルです。
天板の大きさは、190cm×78cm、脚は、きくらオリジナルのハの字脚です。

高速道路を使えば、朝8時半に出て、お昼には帰ってくることができました。
温泉も近くにあり、できればゆっくり休んで帰りたいところでしたが、そうもできず残念でした。


ブラックウォールナット一枚板のダイニングテーブル 「ブラックウォールナット一枚板のダイニングテーブル納品!」

廿日市市のT様宅です。きくらには珍しく、153cm×73~80cmと小ぶりのテーブルを展示していて、ちょうどこのくらいのサイズをお探しのT様の目に留まり即、納品となりました。

脚もブラックウォールナット一枚板のハの字脚で、椅子もウォールナット材のククチェア、レヴィチェアを選ばれお洒落なダイニングを演出されています。



WEB担当日記
 
     「新商品の木のランプシェード!!」  
  一枚板のテーブルを作った残りの端材で、主人が洋旋盤で木の器を作っているのですが、その延長で木のランプシェードを作ってみました!
ケヤキやトチを使っています。でも、ここまでくるのに随分苦労していました。ソケットのサイズが合わなかったり、値段のお手頃なものがなかなか見つからず、未だ、試行錯誤しています。

こうしてLED電球を灯してみると、ほっこりして、とても素敵です。
木のランプシェード


ブラックウォールナット一枚板ダイニングテーブル 「ビッグサイズのテーブルをお探しの方に!
展示用にブラックウォールナット一枚板の天板を製作しました!」
 

大きさは、220cm×90cm(中央で)、厚みは6cmです。

ブラックウォールナットは、アメリカ産ですが、くるみは幹に鉄分を入れると、早くおいしい実がとれるとされ、農家の人が釘を打ったりカウボーイが射撃練習の的にしたらしく、製材すると、たまに古釘や弾が出てきたりします。この板も荒材の時はわからなかったのですが、NCルーターで水平を出していると釘に当たり、刃物が一つ壊れてしまいました!

ここまで大きくなる間には、どの木にも多かれ少なかれ様々な出来事が刻まれています。

「 特選材!」「ブラックウォールナット一枚板のダイニングテーブル!」

                                     
大きさは、190cm×90cm。厚みは5.5cmです。
世界の3大銘木の一つであるアメリカンブラックウォールナット。
さまざまな色味のストライプと、大きくうねる木目が明瞭で美しく、縮み杢も魅力的な一枚板です。

ウォールナット一枚板のページに新しい2枚を追加しました.!

只今、広島市安芸区のS様のブラックウォールナット一枚板のダイニングテーブル。廿日市市のK様の栃一枚板のダイニングテーブル、廿日市市のW様の栃一枚のベンチ、広島市南区のT様のTVボードほかの仕事をしています。皆様、もうしばらくお待ち下さい。

   9月のお休み       毎週木曜日は定休日とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。(木曜日に来店を希望されるお客様はお電話いただければ対応致します)尚、急用で休む場合がありますので、遠方の方は念のため、お電話をお願い致します。
ご来店のお客様へお知らせ お店にいない時は、奥の工場にいますので声をかけて下さい!機械を動作中は電話が聞こえにくい場合がありますので気長にお待ちいただけるとありがたいです。
メールの返信が2日経っても無い場合は、届いていない可能性がありますのでお手数ですがお電話をお願い致します。

駐車スペースは十分ありますのでご心配なく!

きくらへのアクセスです

*西広島バイパスを広島方面から来られる場合、佐方のSAを過ぎて、吉和、加計、廿日市市街の方面に下りてください。
そして、3つ目の信号(スシローがある宮内分かれ交差点)を右折して下さい。約2キロ直進すると左に廿日市野村病院があります。道路をはさんで斜め前が、きくらです。

*高速道路を来られる場合、廿日市 IC で降りて、広島方面ではなく、廿日市、吉和方面に進み
1つ目の信号を左折して(県道30号、佐伯 吉和方面に向い)2キロの所です。

*ゆめタウン廿日市から車でおよそ8分です。
きくらへのアクセス

 
     
木久楽へのアクセス 宮内分かれ交差点から2キロ走ると、四季が丘南口交差点(8つ目の信号)があります。

左手には、写真には写っていませんが廿日市野村病院があります。

右手はENEOSのガソリンスタンドです。

もう木久楽の倉庫の灰色の瓦の屋根が奥に見えています。

その手前はお好み焼きの「まっちゃん」です。
お好み焼きの「まっちゃん」のとなりが、きくら です。

一枚板のテーブルと書かれた幟が4本立っています。

青い道路指示の看板の所を右に入って下さい。

駐車スペースは十分ありますので、お好きな所に停めて下さい。
  県道から、きくら の敷地へ入る際、段差がありましたので、車高の低いお車の方にはご心配をおかけしていましたが、段差解消の板を敷設しましたので、どうぞ、安心してご来店ください。 
                         ご来店をお待ちしております。.
ペ-ジのトップに戻る